体幹をしっかり使ったローリングドリル | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

体幹をしっかり使ったローリングドリル

 

今回ご紹介するのは、上級者向けの高度なドリルです。

これができると、体幹を安定させて泳ぐことができ、ストロークも全身を使った効率の良い泳ぎができるようになります。

注意点も多くあるので意識して行いましょう。

 

ローリングキック

 

★やり方

 

気をつけの姿勢からフラッターキックを行います。

名称未設定-1

②どちらからでもいいので、頭の位置を動かさないようにローリングしていきます。

名称未設定-3

名称未設定-2

③このローリングキックの繰り返しです。

名称未設定-4

名称未設定-5

 

 

 

ポイント

 

このドリルは、ポイントが凄く大切です!

しっかりと意識しましょう!

 

 

●頭の位置を固定!

できれば、呼吸は無し 又は シュノーケルを使用して姿勢が変わらないようにしましょう。

呼吸動作を何度もしてしまうと毎回体のポジションが下がり良い位置でドリルできなくなってしまします。

とにかく、体の位置を一定に保って行いましょう!

 

 

肩の位置は、常に平行!

ローリングをしても全て平行のまま動かせるようにしていきましょう。

体が沈みやすい方は、fin(足ひれ)など使用して行いましょう。

 

 

●ローリングは、上半身をひねるように!

全体がローリングしないように!

下半身(キック)は、フラッターキックで位置を変えないように!

上半身だけ、お腹をひねってローリングさせましょう。

※頭の位置が変わらないように!

 

 

このドリルは、特にクロールの泳ぐ位置に影響してきます。

全体がローリングしてしまうとストローク時に腕の動きだけになりやすいです。

お腹部分をしっかりと使うことで全身を使ったストロークができるようになります。

 

是非練習してみましょう。

 

 

この記事は、youtube内『Natation pour tous』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 【初心者必見】クロールの息継ぎ

      2016/03/01   ストローク

      今回は、クロールの呼吸動作を紹介します。 特に、初心者の方は呼吸でつまずくことが多いです。 呼吸が難しいと泳ぐことが苦になります。 まずは、呼吸を大切に練習していきましょう!     目…

  • ストロークの最大距離を伸ばすコツ!!

      2016/07/10   ストローク

      今回は、ストロークの最大距離を伸ばすコツをご紹介します! ストロークでスピードを早くするには「テンポを速くする・ストローク長を伸ばす」基本的にこの2つです。 今の状態ではどちらから伸ばしていきやすいのかを考…

  • ひとかきひとけりでもっと進もう!

      2016/02/16   ストローク

      今回は、Felipe Lima(フェリペ・リマ)選手の動画を参考にして見ていきましょう。 平泳ぎの「ひとかきひとけり」のポイントについてご紹介します。 是非このポイントを参考にしてみましょう。  …

  • 【初心者必見】水をコントロールすることを覚えよう!

      2016/04/11   ストローク

      スカリーングトレーニングは、水感を向上させて 「水をキャッチする」 というテクニックを養うトレーニングです。   初心者の方は特に、 「水をつかむ」という感覚が どのような感覚なのかイメージが出来…

  • 背泳ぎの効率の良い泳ぎ方

      2016/02/10   ストローク

      背泳ぎは、4泳法の中でも唯一上を向く種目です。 上を向いた状態では、呼吸は自由にできますが、下半身が沈みやすく効率よく進むにはテクニックが必要となります。   目次1 効率よく泳ぐには?1.1 効…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.