背泳ぎ:キャッチの動きをイメージしよう! | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

背泳ぎ:キャッチの動きをイメージしよう!

 

今回は、背泳ぎのキャッチからのストロークの動きが繰り返されます。

右手のみですが、同じ動きを何度も見る事で動き脳に焼き付きます。

是非この動画を参考にイメージを作っていきましょう。

 

イメージしながら体を動かしてみよう!

 

●その場で動かしてみよう!

まず、動画を見ながらその場で真似してみましょう。

 

●鏡の前で動きの確認!

その場で、イメージしながら動かした動きと自分の動きが合うかどうか試してみましょう。

合っていない場合は、しっかりと鏡の前で動作を修正しましょう。

 

●水中でやってみる!

※しっかりと鏡で動きをイメージしてから行って下さい。

水中で行う時も、自分の思っている動きが出来ているのか確認しながら行いましょう。

 

 

☆ポイント

水中の中に移行した時に、同じ動きがしにくいです。

自分の泳いでいる動きを撮影してみるとイメージと違うポイントが分かり修正もしやすいです。

どの種目もしっかりと動画を見るだけでなく動きを真似できるようにしていきましょう。

 

 

この記事は、youtube内『SwimLabs』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 背泳ぎのキャッチ動作トレーニング

      2016/07/22   ストローク

      今回は、背泳ぎのキャッチ動作トレーニングをご紹介します!! キャッチができれば体が浮き泳ぎが安定してきます!! 是非キャッチを身につけていきましょう!   目次1 片手キャッチストローク1.1 や…

  • 平泳ぎの伸びを作るポイント!

      2016/07/23   ストローク

      今回は、平泳ぎの伸びを作るポイントをご紹介します!! ストロークを速く回すだけでは泳速は上がりにくいです。 しっかりとチェックしてみましょう!   目次1 伸びるだけでなく体重を移動させる!1.1…

  • ストロークの最大距離を伸ばすコツ!!

      2016/07/10   ストローク

      今回は、ストロークの最大距離を伸ばすコツをご紹介します! ストロークでスピードを早くするには「テンポを速くする・ストローク長を伸ばす」基本的にこの2つです。 今の状態ではどちらから伸ばしていきやすいのかを考…

  • プッシュで強くなろう!

      2016/02/05   ストローク, トレーニング

    プールサイドや壁に手をついた状態からドルフィンキックのタイミングを合わせて上体を上げていきます。 手の位置は、自分が置きやすい自然な位置にしましょう。 広げすぎたり、狭すぎたりしないように!   ※マスターズ・…

  • 背泳ぎの効率の良い泳ぎ方

      2016/02/10   ストローク

      背泳ぎは、4泳法の中でも唯一上を向く種目です。 上を向いた状態では、呼吸は自由にできますが、下半身が沈みやすく効率よく進むにはテクニックが必要となります。   目次1 効率よく泳ぐには?1.1 効…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.