苦手なバタフライを得意になろう!!パート2 | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

苦手なバタフライを得意になろう!!パート2

 

今回は、フィニッシュ動作のみに特化したドリルをご紹介します。

フィニッシュを強化することで呼吸後の動きをスムーズにし、キックのタイミング合わせることが出来ます。

 

気をつけフィニッシュキック

 

☆やり方

気をつけした状態から、フィニッシュ動作とタイミングを合わせてキック動作を合わせていきます。

手は、胸から腰当たりにセットし動かしていくようにしてみましょう。

※タイミングがずれないように注意しましょう。

スクリーンショット (1147)

スクリーンショット (1148)

 

ポイント

 

●前を向かないように!

ここでは、体重が前に移動する感覚も感じてほしいので、顎を引いて真っ直ぐなラインになるように意識してください!

※最初は、1回1回ゆっくりと感覚をつかむようにしましょう。

 

●斜め下に、体を滑らせるイメージ!

真っ直ぐに伸びるのではなく、体が斜め下に引っ張られていくイメージで行いましょう。

 

●キックのタイミングはできるだけ泳ぎのタイミングで打つ!

ドリルする時だけタイミングを変えるのではなく、泳ぎのタイミングをイメージし合わせていくと泳ぎに繋がりやすくなります。

 

 

このドリルを、前回の「苦手なバタフライを得意になろう!!」に足して練習していきましょう。

焦らず順を追うことで、上手になっていきますので1つずつ確実にできるようにしていきましょう。
この記事は、youtube内『U.S. Masters Swimming』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 世界を制する萩野選手の自由形の秘密!!

      2016/08/08   ストローク

      https://youtu.be/u4A8j-gk-0I?t=6m   今回は、オリンピック金メダリストの萩野選手の自由形の秘密をご紹介します。 世界トップ選手のテクニックを是非参考にしてみてくだ…

  • トップ選手のストロークの凄さ(クロール)

      2016/02/12   ストローク

      今回は、Nathan Adrian(ネイサン・エイドリアン)選手の動画を参考にして見ていきましょう。 自由形は、ストロークの動きがスピードに大きく影響してきます。 是非このネイサン・エイドリアン選手のストロ…

  • 平泳ぎの伸びを作るポイント!

      2016/07/23   ストローク

      今回は、平泳ぎの伸びを作るポイントをご紹介します!! ストロークを速く回すだけでは泳速は上がりにくいです。 しっかりとチェックしてみましょう!   目次1 伸びるだけでなく体重を移動させる!1.1…

  • ポジションを高くする「プル」トレーニングのやり方

      2016/02/08   ストローク

      目次1 棒プル(アンクルチューブ)トレーニング1.1 ポイント 棒プル(アンクルチューブ)トレーニング   アンクルチューブトレーニング、TEKISUIでは「棒プル」と呼んでいます。 なぜ棒プルな…

  • プッシュで強くなろう!

      2016/02/05   ストローク, トレーニング

    プールサイドや壁に手をついた状態からドルフィンキックのタイミングを合わせて上体を上げていきます。 手の位置は、自分が置きやすい自然な位置にしましょう。 広げすぎたり、狭すぎたりしないように!   ※マスターズ・…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.