平泳ぎキックを上手になろう!! | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

平泳ぎキックを上手になろう!!

 

今回は、平泳ぎのキックを上手に打つトレーニングをご紹介します。

平泳ぎは、キックで多くの推進力を得ているので進むキックを手に入れましょう!!

 

上向きキック

 

☆やり方

 

上向きの「気をつけ」をした状態から平泳ぎのキックをしていきます。

※膝や足先などが水上に出ないようにキックしていきましょう。

体が沈んだりバランスがとれない方は、手を使いながらでもOKです!!

スクリーンショット (1197)

スクリーンショット (1198)

スクリーンショット (1199)

スクリーンショット (1200)

 

ポイント

 

●膝を開いて引きつける!

膝を閉じると円描くように膝を回してキックする為、高い柔軟性が要求されます。

私は、ひざ周辺?が弱かったので回すようなキックをすると膝に痛みが出ていました。

しっかりと膝を開き、そのまま股関節や周辺筋肉を使ってキックする事で痛みが無くなり思い切りキックができるようになりました。

※痛みがでる。柔らかくない。という方にお勧めです!!

 

 

●足が揃うまで閉じる!!

蹴った後に、足を揃える所まで閉じていきましょう。

揃えることで、しっかりと推進力が伝わり効率よく泳ぐことが出来ます。

 

 

●足裏~親指付け根を意識!!

薄い赤色部分を意識して蹴っていきましょう。

特に、濃い赤色部分を意識してキックすると、水をキャッチする感覚が良いです。

スタート前に、壁などに付け根を押し当てると刺激が入り意識しやすくなります。

※力まないように注意!!!!

名称未設定-1

 

 

 

ポイントは細かな部分が多いですが、「痛みや動きずらい」など自分の体をチェックしながら行いましょう。

痛みが出る動きは、自分の体には合っていないという信号かも!?

動きやフォームを見直すことも必要ですよ!!

是非試してみてください!!

 

 

 

この記事は、youtube内『Vaziri Swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 楽しみながら強化

      2016/02/03   キック, ストローク

      目次1 見た目以上にキツイ!1.1 ①なぜこのトレーニングがいいのか。1.2 ②色々な部分が矯正される。1.3 ③全力で動かすとキックは呼吸できない。2 練習する際には、レベル差のある方と組む2.1 練習強…

  • ポジションを変える「キック」の練習方法

      2016/02/15   キック

      今回は、TEKISUI代表「前峠浩義」選手の解説を元に参考にして見ていきましょう。 ボードを使ったポジションを変える練習方法をご紹介します。 是非この練習方法を参考にしてみましょう。   &nbs…

  • ビート板キックの正しい使い方

      2019/04/18   キック

      目次1 ビート板・キックの正しい使い方1.1 ビート板を持つ際の注意点1.2 ビート板を持つ目的1.3 悪い姿勢(打ち方)1.4 良い姿勢(打ち方)1.5 キックの役割 ビート板・キックの正しい使い方 皆さ…

  • 強いキック力とバランスを身に付ける(背泳ぎ編)

      2016/02/17   キック

      今回は、背泳ぎのキックを強化するドリルをご紹介します。 このドリルは、強度が高くパワーを付けたい方にお勧めです。     パワーキック   ★やり方   ●動画では、…

  • ドルフィンキックを強化しよう!

      2016/03/07   キック

      今回は、ドルフィンキックを強化するトレーニングをご紹介します。 楽しく練習できるのでお勧めです!   目次1 水中ジャンプドルフィン1.1 練習方法1.2 ポイント 水中ジャンプドルフィン &nb…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.