ストリームラインを締める手の大切さ、、、 | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

ストリームラインを締める手の大切さ、、、

 

今回は、ストリームラインを締める手の大切さをご紹介します。

少しの緩みで進み方が大きく変わります。

是非気をつけていきましょう。

 

ストリームラインを締める手の形

 

●1番は、手の平を重ねて伸ばすタイプです!

これが一番力が入りがっちりと締められるのでお勧めです。

スクリーンショット (1222)

 

●親指と親指を交差させて伸ばすタイプ!

比較的速くセットできるのでターン後などに多いやり方ですが、親指が外れないように力をしっかりと入れて行いましょう。

 

 

※少しでも離してしまうと、抵抗を大きく受け進みが悪くなります。

肘を伸ばすことも忘れずに!!!

スクリーンショット (1225)

 

 

手を離した状態と締めた状態の違い

 

スクリーンショット (1227)

スクリーンショット (1228)

スクリーンショット (1229)

 

飛び出した時の初速から違い、、、

最終的には、体1つ分以上離れます。

これが、スタート台から飛び込んだ状態だともっと変わってくるでしょう。

特に、マスターズスイマーの方は、飛び込み時に意識が行き、飛び込んだ瞬間の「ストリームライン」が緩みがちです。

指先・肘部分を伸ばし、「ギュッ」と締めてストリームラインを作っていきましょう!!!

 

 

この記事は、youtube内『MySwimPro』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.