【練習方法】瞬間的に力を出すトレーニング・ストップ&ゴーのやり方 | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

【練習方法】瞬間的に力を出すトレーニング・ストップ&ゴーのやり方

 

今回は、瞬間的に力を出すトレーニングの「ストップ&ゴー」をご紹介します。

瞬間的に力を出すトレーニングをすることで、スプリント力を強化することが出来ます!

 

ストップ&ゴー

やり方

 

①伏し浮きの状態からスタートします!

※壁は蹴らないように注意!

 

②3~5秒程度静止した状態から、全力で泳ぎ始めます!

※コーチがいれば動画のように号令をかけてもらいましょう!

 

③5m・12.5・20mでスピードを停止させ②を繰り返します!

 

静止位置:スタート位置・5m・12.5m・20m

 

ポイント

 

①瞬間的に「手とキックの両方」を動かす!

片方だけ動き始めるようにならないように!

できるだけ両方動かせるようにしていきましょう!

 

②静止状態は、完全に止まる!

 

完全に止まることで「キャッチ感」を強くし強化ができます。

さらに、スピードを瞬間的に出す力がより必要とさせるので強度が高くなります!

 

③息は止める!

最大10mくらいなので、その間必ず息を止めていきましょう!

息を止めることで、力が出しやすく心肺機能の強化にも繋がります!

 


 

練習方法としては、基本的にショートサークルで行っていきましょう!

短いサークルにすることでトレーニング強度が高くなり効果も高くなります!

 

少しきつい方は、12.5mまでのダッシュで停止位置を【スタート時・5m】のみに絞って行ってみましょう!

是非試してみてください!!

 

 

この記事は、youtube内『Nobuyiki Kusano』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • セラバンドでポジションアップ!?!?

      2016/04/18   ストローク

      今回は、「セラバンド」を使って体を浮かす感覚のトレーニングをご紹介します。 巻くだけで、生まれる違いを試してみましょう!   目次1 セラバンドを使った矯正法1.1 やり方1.2 効果 セラバンド…

  • 古賀選手のストローク

      2016/02/10   ストローク

      今回は、古賀淳也選手がモデルとなっています!   悪い泳ぎと良い泳ぎ   まず、3分30秒あたりから、間違った泳ぎをしてくださっています。 頭が高い位置にある為、腰の部分が下がっています…

  • 沈まない片手ストローク

      2016/02/07   ストローク

      目次1 しっかりとローリングを使う!1.1 ローリングのポイント1.2 ストロークは浅く! しっかりとローリングを使う!   脇にブイを挟んだ状態で片手ストロークをします。 ブイを挟むことで体が浮…

  • 苦手なバタフライを得意になろう!!

      2016/03/22   ストローク

      今回は、バタフライのドリルをご紹介します。 初心者から上級者まで動きやタイミングを修正したいときに試してみましょう!   目次1 バタフライドリル集1.1 ☆ポイント バタフライドリル集 &nbs…

  • 世界を制する萩野選手の自由形の秘密!!

      2016/08/08   ストローク

      https://youtu.be/u4A8j-gk-0I?t=6m   今回は、オリンピック金メダリストの萩野選手の自由形の秘密をご紹介します。 世界トップ選手のテクニックを是非参考にしてみてくだ…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.