背泳ぎ・スタート バサロキックの参考 | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

背泳ぎ・スタート バサロキックの参考

TEKISUI 代表「前峠浩義」の背泳ぎスタートです。

前峠浩義は、昨年7月に100m背泳ぎにてマスターズ世界記録を樹立しています。

その年齢を感じさせない背泳ぎスタート・バサロキックの動画です。

背泳ぎスタートのコツ!

①体をしっかりと高い位置にセットすること。

体の位置が低いと綺麗な入水をしようとする為に上に飛びがちになります。

上に飛んでしまうと体がアーチ状になりにくく背中を打ったり綺麗な入水ができなかったりします。

しっかりと指先から入水し全体が一点に入水するイメージを持ちましょう。

 

②お尻を持ち上げる

体全体が高くなってもお尻が下がってしまうと結局体全体が下がっているのと同じです。

お尻を持ち上げることによって体が高い位置から飛び出せます。

 

③飛び出す方向(重要)

体が高い位置にあるとそこから上に飛ぶ必要はありません。

体をしっかりと高い位置にセットし、5mフラッグを見るように飛び出します。

 

体が動く順番

 

①頭からいきたい方向に動かす。

②できれば手でコース台を押す。

③壁を蹴りながら体を伸ばしていきます。

※ポイント:上を向くように顎から首の部分を伸ばして5mフラッグを見るように頭を持っていきます。

④胸を張るようなイメージで体をアーチ状にして飛び出します。

⑤最後に残った足を蹴り切ると全体が浮ききれいな入水ができます。

 

この動画は、スロー映像なのでこの動きが分かり易く細かな動作まで見られます。

 

 

どの種目もですが、上に飛び出すようなスタートはしないように気を付けましょう。

飛び出す力を最大限まで伝えていくためには上ではなく、進みたい方向に向けていくのが一番です。

是非お試しください!

関連記事
  • 陸上でバタ足を速くなろう!!

      2016/03/28   ニュース

      今回は、バランスボールを使って「バタ足」を速く打つためのトレーニングをご紹介します。 ※怪我の無いように注意して行ってみましょう!!   目次1 ミニバンドを使ったキックトレーニング1.1 ポイン…

  • ストロークの改善

      2016/02/01   ニュース

    あなたは今の泳ぎに満足ですか? テンポを上げてもストロークを伸ばしても進みが悪い。 そんな事はないでしょうか?   原因は、水をとらえることが出来ていないことがほとんどです。   この水をとらえるとい…

  • 【競泳】ジャパンスイム2016

      2016/04/04   ニュース

      さぁ、本日から[ジャパンスイム2016]が東京辰巳国際水泳場で行われます。 4年に一度の「オリンピック選考会」!!!!!!   総合テレビ・BSでも放送されます!! 録画・視聴は必須です!!! &…

  • 【使用者 感想】テキスイパドル

      2016/03/10   ニュース

      国体3連覇の実績を残した「津村栄太」選手にTEKISUIパドルを使っていただきました。 細かな動作によって使い分けているそうです。 平泳ぎの方は是非参考にしてみましょう。

  • テキスイパドル「マイクロタイプ」ご紹介

      2016/01/29   ニュース

    目次1  1.1 テキスイパドルとは?1.2 マイクロパドル – オールラウンドモデル1.2.1 特徴1 【大きさ】1.2.2 特徴2 【形状】1.3  【練習方法]1.4 サイズと素材      …

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.