沈まない片手ストローク | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

沈まない片手ストローク

 

しっかりとローリングを使う!

 

脇にブイを挟んだ状態で片手ストロークをします。

ブイを挟むことで体が浮きやすく、ローリングをするときに全体を意識しやすいです。

何もないときよりもストロークや全体的動きまで意識する余裕ができるのでお勧めです。

 

ローリングのポイント

 

頭のラインを動かさず全体をローリングしましょう。

フラット・真っ直ぐの状態で泳ぐことが主流ですが、フラットの状態でも体の連動を使って泳いでいくためいきなりフラットから練習しても連動の無い動きは進みません。

なので、体の連動やつながりを意識しやすいローリングを使って練習しましょう。

 

ストロークは浅く!

 

ローリングを使うとどうしても深いところからストロークをする方が多いです。

できるだけ、下に落とすのではなく!横に広げる意識でストロークを練習しましょう。

赤のポイントまで下がってしまうとかなりの筋力が必要になります。

黄色くらいのポイントでストロークすることをお勧めします。

 

cc-library010010873

 

 

この片手などのドリル練習にはTEKISUIパドルがぴったりです。

より水をつかみ、テクニックを向上してくれます。

是非お使いください。

 

tekisui

この記事は、youtube内『born to swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 

関連記事
  • 世界を制する萩野選手の自由形の秘密!!

      2016/08/08   ストローク

      https://youtu.be/u4A8j-gk-0I?t=6m   今回は、オリンピック金メダリストの萩野選手の自由形の秘密をご紹介します。 世界トップ選手のテクニックを是非参考にしてみてくだ…

  • ストロークを変える【キャッチスカーリング】のやり方

      2016/05/06   ストローク

      今回は、前回に引き続きストロークを肩甲骨から動かすキャッチトレーニングをご紹介します。 【前回記事】 肩甲骨の動きが水中の中であまり意識できない方は是非試してみましょう!   目次1 キャッチスカ…

  • 体重を使い効率よく泳ごう。

      2016/02/18   ストローク

      今回は、ローリングから体重の移動を意識するドリルをご紹介します。 このドリルは、腕だけで泳いでしまう方、泳ぎに伸びが無い方にお勧めです。   5ストローク+サイドキック   ★やり方 名…

  • 背泳ぎのバランスを整えよう。

      2016/03/11   ストローク

      今回は、背泳ぎの縦キャッチアップドリルをご紹介いたします。 左右差が激しいときや、上下動が激しいときにこのドリルを行いましょう。   目次1 縦キャッチアップドリル1.1 ポイント 縦キャッチアッ…

  • プッシュで強くなろう!

      2016/02/05   ストローク, トレーニング

    プールサイドや壁に手をついた状態からドルフィンキックのタイミングを合わせて上体を上げていきます。 手の位置は、自分が置きやすい自然な位置にしましょう。 広げすぎたり、狭すぎたりしないように!   ※マスターズ・…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.