パワフルな泳ぎを身につけよう!! | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

パワフルな泳ぎを身につけよう!!

 

今回は、バタフライのパワフルな泳ぎを作る練習方法をご紹介します。

ポジションをキープ・強いキックの連続性などが必要になります。

 

ヘッドアップ「バタフライ」

 

やり方

●体幹などを安定させて、顔を上げて泳ぎます!

※顔を正面に向けて体をしっかりと浮かせて行いましょう。

名称未設定-1

名称未設定-2

 

オススメのメニューの組み込み方

・25m × 6〜8本

【12.5m〜15m maxスピード/ゆっくり】

 

サイクルは自分に合わせて行いましょう!!

 

ポイント

・体が沈まないように体幹をキープさせましょう!

・強いキックを連続的に打ち込みましょう!

・テンポを速くし一定のポジションで泳ぎましょう!

 


 

このトレーニングは、ゆっくりのスピードで行うと体が沈みフォームが崩れる可能性があります。

スピードを出してポジションを安定させることを意識して行いましょう。

 

この記事は、youtube内『born to swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 背泳ぎのタイミングを整えるドリル「ドルフィン背泳ぎ」のやり方

      2016/06/01   ストローク

      今回は、背泳ぎのタイミングを整えるドリル「ドルフィン背泳ぎ」のやり方をご紹介いたします!! 泳ぎのタイミングが合わないという時には是非試してみましょう!   目次1 ドルフィン背泳ぎ1.1 やり方…

  • 古賀選手のストローク

      2016/02/10   ストローク

      今回は、古賀淳也選手がモデルとなっています!   悪い泳ぎと良い泳ぎ   まず、3分30秒あたりから、間違った泳ぎをしてくださっています。 頭が高い位置にある為、腰の部分が下がっています…

  • 平泳ぎでのフラットドリル

      2016/02/04   ストローク

      どの泳ぎもそうですが、体を沈めないようにすることはすごく大切な事です。 考えればわかるよ!でも頭では分かるけど体が動かないんだよ!と思っている方も多いでしょう。   基本的には、体のポジションは陸…

  • 激追い込みトレーニング「スイム&ドライ」!!

      2016/06/21   ストローク, トレーニング

      今回は、激追い込みトレーニング「スイム&ドライ」をご紹介します! 通常スイムだけで追い込む所をドライランドトレーニングを混ぜながら行う追い込みトレーニングです!!   目次1 スイム&am…

  • リカバリー動作の最短距離を知ろう!

      2016/03/07   ストローク

      今回は、クロールのリカバリー動作の最短距離を確認するドリルをご紹介します。 このドリルは、リカバリー動作だけでなく他にも効果があるので積極的に取り入れましょう!   目次1 ジッパー1.1 ★ポイ…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.