背泳ぎのキャッチ動作トレーニング | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

背泳ぎのキャッチ動作トレーニング

 

今回は、背泳ぎのキャッチ動作トレーニングをご紹介します!!

キャッチができれば体が浮き泳ぎが安定してきます!!

是非キャッチを身につけていきましょう!

 

片手キャッチストローク

 

やり方

 

①片手を前にならえの状態にしてキープします。

名称未設定-1

 

②反対の手は水を押さえられる角度にセットします!

名称未設定-3

 

③6〜8回程度キックしてストロークを開始していきましょう。

※テキスイパドルを使用するとキャッチング感がよく効果的です!!

 

アイキャッチ画像

 

ポイント

 

①キャッチを意識!!

肘を支点に「前腕から指先」までの全体で掴み押していきましょう!!

 

②キック時にポジションが下がらないように!!

しっかりと高いポジションで行いましょう。

ポジションが下がるとキャッチ動作まで影響ができます。

しっかりと注意しましょう。

 


 

 

このトレーニングは、ポジションをキープするのが凄く難しいです。

FINなどを使用しても良いのでしっかりと高い位置でドリルしていきましょう!!

 

この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • 【初心者必見】水をコントロールすることを覚えよう!

      2016/04/11   ストローク

      スカリーングトレーニングは、水感を向上させて 「水をキャッチする」 というテクニックを養うトレーニングです。   初心者の方は特に、 「水をつかむ」という感覚が どのような感覚なのかイメージが出来…

  • もっと前に進むために「スカーリング」をしよう!

      2016/02/28   ストローク

      何度か記事で紹介している「スカーリング」動作。 シンクロナイズドスイミングの選手達の「スカーリング」は、すごく的確で最小限の動作で体を浮かせたり進めたりと学べる部分が沢山あります。 是非参考にしてみましょう…

  • テンポの限界を超えるトレーニング方法

      2016/03/09   ストローク

        今回のドリルは、自分の腕を回す限界を超えていくトレーニングです。 このドリルで速く回すことで、根本的な腕を速く回すという感覚をつかむことが出来ます。 是非試してみましょう。   &n…

  • 肩甲骨の可動域を増やす方法

      2016/03/16   ストローク

        今回は、「肩甲骨の可動域を増やす」ストレッチ方法をご紹介します。 肩甲骨の可動域が増えればストロークが伸びて効率よく泳ぐことが出来ます。 このストレッチは、練習前などに行うと効果的です! ※強…

  • トップ選手のストロークの凄さ(平泳ぎ)

      2016/02/11   ストローク

      今回は、ジェシカ・ハーディ(Jessica Hardy)選手の動画を参考にして見ていきましょう。 平泳ぎは、キックで進む割合が大きいですが、キックばかりを意識してストロークが苦手ではスピードに繋がりにくいで…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.