ポジションを高くする「プル」トレーニングのやり方 | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

ポジションを高くする「プル」トレーニングのやり方

 

棒プル(アンクルチューブ)トレーニング

 

アンクルチューブトレーニング、TEKISUIでは「棒プル」と呼んでいます。

なぜ棒プルなのかというと、、、

体を棒のようにして泳ぐから、、、それだけです。笑

 

棒プルは、足首をゴムやバンドなどを使用し固定させた状態で泳ぎます。

 

ポイント

 

●膝を曲げない

 

●腰を曲げない

 

●キックを打たない

 

この3点をしっかりと守って行いましょう。

 

 

このトレーニングは、キックを打たないので自分の体幹水を押さえる動作のみで体を浮かせていかないといけません。

その為、腹圧水を押せえる動作のテクニックを向上させると共にポジションを高い位置にキープさせられるようになります。

やっていただくと分かると思いますがかなりきついです。

ですが、純粋に上半身をしっかりと使うことが出来る為、ローリング・入水動作・ストロークの動きなどの上半身の動きの確認とトレーニングも行っていくことができるので、必ず練習には入れてほしいトレーニングの一つです。。

2人組や動画などを撮ると現在の悪いポイントなどが分かり易く上半身の動きチェックには最適です。

 

 

ジュニアスイマー・マスターズの方は、手首曲がらないように!肘を引いてしまわないように!してください。

純粋なプル動作の為、普段よりも抵抗がかかり重さに耐えられず曲がったり肘を引いてしまったりと多くみられます。

 

 

※ゴムやバンドはしっかりと固定できるようにきつくしましょう。

足と足に間隔が無い物を使用すると、無理やり動かなくさせるのでキックを打ってしまう方にお勧めします。

アンクルチューブ

 

棒プルでは、是非アーチパドルをお使いください!

純粋なプル動作の為、キャッチ動作のインパクトが格段に上がります。

さらに、キャッチが出来るとキックを打たなくても全体の連動で進むポイントをつかむことが出来るので是非お使いください!!

名称未設定-1

関連記事
  • 水泳での重要な動作

      2016/02/08   ストローク

      本日は、テキスイパドルを使うとストロークの中のどの部分に効果があるのかを紹介いたします。   目次1 入水からキャッチまでの感覚を変える。1.1 手首が曲がりお腹が落ちる1.2 水を押さえるとポジ…

  • 【初心者必見】水をコントロールすることを覚えよう!

      2016/04/11   ストローク

      スカリーングトレーニングは、水感を向上させて 「水をキャッチする」 というテクニックを養うトレーニングです。   初心者の方は特に、 「水をつかむ」という感覚が どのような感覚なのかイメージが出来…

  • もっと楽に泳ぎたい!(バタフライ編)

      2016/02/13   ストローク

        今回は、Roland Schoeman(ローランド・スクーマン)選手の動画を参考にして見ていきましょう。 バタフライの上下動を最小限に抑えるドリルをご紹介します。 是非このローランド・スクーマ…

  • ひとかきひとけりでもっと進もう!

      2016/02/16   ストローク

      今回は、Felipe Lima(フェリペ・リマ)選手の動画を参考にして見ていきましょう。 平泳ぎの「ひとかきひとけり」のポイントについてご紹介します。 是非このポイントを参考にしてみましょう。  …

  • バタフライ基礎ドリル集

      2016/02/20   ストローク

      今回は、バタフライのドリル練習をご紹介します。 ドリルというのは、基本的に「泳ぎを矯正・修正」することが目的です。 しっかりとポイントを絞って意識したい部分を直していきましょう。    …

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.