TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

体幹をしっかり使ったローリングドリル

   

 

今回ご紹介するのは、上級者向けの高度なドリルです。

これができると、体幹を安定させて泳ぐことができ、ストロークも全身を使った効率の良い泳ぎができるようになります。

注意点も多くあるので意識して行いましょう。

 

ローリングキック

 

★やり方

 

気をつけの姿勢からフラッターキックを行います。

名称未設定-1

②どちらからでもいいので、頭の位置を動かさないようにローリングしていきます。

名称未設定-3

名称未設定-2

③このローリングキックの繰り返しです。

名称未設定-4

名称未設定-5

 

 

 

ポイント

 

このドリルは、ポイントが凄く大切です!

しっかりと意識しましょう!

 

 

●頭の位置を固定!

できれば、呼吸は無し 又は シュノーケルを使用して姿勢が変わらないようにしましょう。

呼吸動作を何度もしてしまうと毎回体のポジションが下がり良い位置でドリルできなくなってしまします。

とにかく、体の位置を一定に保って行いましょう!

 

 

肩の位置は、常に平行!

ローリングをしても全て平行のまま動かせるようにしていきましょう。

体が沈みやすい方は、fin(足ひれ)など使用して行いましょう。

 

 

●ローリングは、上半身をひねるように!

全体がローリングしないように!

下半身(キック)は、フラッターキックで位置を変えないように!

上半身だけ、お腹をひねってローリングさせましょう。

※頭の位置が変わらないように!

 

 

このドリルは、特にクロールの泳ぐ位置に影響してきます。

全体がローリングしてしまうとストローク時に腕の動きだけになりやすいです。

お腹部分をしっかりと使うことで全身を使ったストロークができるようになります。

 

是非練習してみましょう。

 

 

この記事は、youtube内『Natation pour tous』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク