ウエイトスイムでパワーアップ! | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

ウエイトスイムでパワーアップ!

 

今回は、泳ぎをパワフルにする練習方法をご紹介します。

このトレーニングは、上級者向きです。

※泳ぎが崩れることもあります。十分に注意して行いましょう。

 

ウエイトスイム

 

★やり方

 

腰にウエイトを巻き付けて泳ぎます。

動画も一緒だと思いますが、私達は「ダイビング用のウエイトベルトとウエイト」を使用して行っていました。

重さは、1~4kgで行っていました。

名称未設定-1 名称未設定-2 名称未設定-3

 

ダイビング用での装着のポイント!

 

●重りは横腹の両サイドに装着すると安定しやすかったです。

※ベルトが緩いと位置がずれて泳ぎのバランスが大きく崩します。しっかりと締めておきましょう。

 

●重りが、体の上側に来るように装着しましょう。

クロールでお腹側に装着するとずれて皮を挟むことがありました。

気を付けましょう。

 

 

 

★泳ぎ ポイント

 

●左右に振られないように!

重りが重ければ重いほど、少しのブレで左右に振られます。

体幹を意識して制御していきましょう。

 

●腰の部分を沈めないように!

重りがついている為、すごく腰部分から沈みやすいです。

腹圧とキックで腰の部分を高くキープしましょう。

 

●ポジションをキープ!

スピードを上げるとポジションはキープしやすいですが、スピードを落とすと「グッ」と沈みやすくなります。

どんなスピードでも維持できるようにしていきましょう。

 

 

このトレーニングは、泳ぎをキープする為の体幹やパワーを強化するトレーニングです。

強化する為でも、いきなり重りを重くすると泳ぎが崩れる恐れがあるので徐々に増やすようにしましょう。

 

 

 

この記事は、youtube内『Swim Smart』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事
  • クロールの動きが何か悪い!という方は是非これを、、、!!

      2016/03/18   ストローク

      今回は、クロールの泳ぎを整える「キャッチアップドリル」をご紹介します。 特に、左右の動きに差がありすぎる、ストロークがあっちこっちに行く方にお勧めします。     目次1 キャッチアップ…

  • 競泳でのクロスオーバーキックは厳禁!

      2016/02/26   ストローク

      クロスオーバーキックとは、連続したキックの動きの間に足を交差させる動作です。 競泳のようにスピードを求める競技には向かないのかなと思いご紹介いたします。   目次1 なぜ?2 直し方 なぜ? &n…

  • 的確なキャッチを身に付けよう!!

      2016/04/13   ストローク

      今回は、的確なキャッチを感を覚えるトレーニング方法をご紹介します!! 水を押える感覚がよくわからない方は是非試してみましょう!!   目次1 ボールキャッチスイム1.1 やり方2 練習効果3 注意…

  • 体幹をしっかり使ったローリングドリル

      2016/03/08   ストローク

      今回ご紹介するのは、上級者向けの高度なドリルです。 これができると、体幹を安定させて泳ぐことができ、ストロークも全身を使った効率の良い泳ぎができるようになります。 注意点も多くあるので意識して行いましょう。…

  • 沈まない片手ストローク

      2016/02/07   ストローク

      目次1 しっかりとローリングを使う!1.1 ローリングのポイント1.2 ストロークは浅く! しっかりとローリングを使う!   脇にブイを挟んだ状態で片手ストロークをします。 ブイを挟むことで体が浮…

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.