TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

浮き上がりをチェックしよう!

   

 

皆さんは、浮き上がりのチェックなどはしていますか?

スタート台から飛んでの浮き上がりや壁を蹴っての浮き上がりは感覚も大きく違います。

時々チェックしておかないと試合になって大きなミスに繋がるかも、、、

スタート台からの浮き上がりは、特に、チェックしていきましょう。

 

チェックポイント

 

●飛び込んでストリームラインだけで何m進むのかチェック!

まず、必ず10m以上は何もしなくて伸びられるようにしましょう!

【浮き上がりが得意でない方はこちら】

 

●12.5mのタイムを計測!2~3回程度

(※できれば、キックを打たないように!)

入水の深さが浅かったり深かったりするとタイムが変動します。

どのくらいの入水角度が、スピードが速いのか遅いのかチェックしてみましょう。

 

●12.5mキックを打って浮き上がろう!3~5回程度※計測

ここでは、キックを打ち始めるタイミングを変えてみましょう。

[入水した瞬間1~3m5mライン7mくらい10mくらい]

このように、キックを打ち始めるタイミングを変えることで、自分に合ったキックポイントを見つけることが出来ます。

計測することで、スピードがどのように変化するのか確認できるためお勧めです!

 

 

 

いつも行っている浮き上がりが一番速いとは限りません。

タイムを計測して、自分の感覚を確かめてみる、、、

いつもとは違う視点で練習してみると新たな発見がありますよ!

是非試してみください!!(^^)!

 

 

この記事は、youtube内『born to swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - スタート・ターン