TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

テンポを無理やり上げて回してみよう!!(背泳ぎ)

   

 

今回は、テンポアップさせて「腕を回す」という基本的な動作を速くするトレーニングをご紹介します。

自分の限界のスピードをアップさせられるようにチャレンジしましょう。

 

スピンドリル

 

☆やり方

ヘッドアップのようにしっかりと上体を浮かせて回転を上げていきます!

この時に、下半身が沈むと回転が上がりにくくなります。

キックも意識して回転を上げるようにしましょう。

スクリーンショット (1160)

スクリーンショット (1161)

スクリーンショット (1162)

 

ポイント

 

●限界の回転数まで回す!

自分の限界にチャレンジして思い切って回しましょう。

このドリル時には、水をかくことは意識しなくてOKです。

回転のみに意識して回すようにしましょう。

 

●スピードを出す練習前に行うと効果的!

タイムを計測するトレーニングなど全力で泳ぐ前に[5m~10m]くらい思い切って回すことで回転が上がりやすくなりスピードにも繋がり易くなります。

本数的には、2~4本程度でOKです!

 

●最重要ポイント

必ず、回転を上げたら、1本でもいいので大きな泳ぎで「キャッチ~フィニッシュ」までしっかりと意識して[パーフェクトスイム]を入れておきましょう。

※できれば、2~4本程度

回転を上げたままで、すぐに、スピードを上げると感覚のギャップで細かな部分が意識できにくくなります。

一度スタンダードに戻すことで、ストローク長を小さくすることなく回転を上げやすくなるので試してみましょう。

 

 

 

スピンドリルは通常の泳ぎとは異なります。

この泳ぎでタイムを狙うわけではありません。

腕の回転力を上げる為のトレーニングなので間違えないようにしましょう!!
この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク