TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

【永久保存版】クロールの動きをスムーズにするポイント!!

   

gahag-0028510246

 

今回は、クロールのストロークにおいて重要なポイントをご紹介します。

これは、基本的な事ですが理解しているのとしていないのでは大きく違います。

是非覚えておきましょう!!

 

肘の動きで大きく変わる、、、

 

泳ぐ時によく「エルボーアップ!」など聞いたことはないでしょうか?

しかし、実際にやろうと思うとスムーズに動かない、、、なんてことはないですか?

体がぶれたり・硬い動きになったりなどイメージしているように動かない事がおおいと思います!!

なぜでしょうか、、、、。

 

 

 

実は、このスムーズに動かない原因は【肘】かも!!!!!

↓↓↓↓↓↓

20160329_093734731_iOS

【原因】

初心者やジュニアスイマーに多く、入水時に肘部分が外に向いて(※写真のように)「ピン」と伸ばしていることがあります。

外に向けて伸ばすと、腕がロックし「肩甲骨」がスムーズに伸びなくなります。

これが、動きを硬くしたり・体のラインよりも外に流れたりなどを作り出す原因であることが多いです。

 

この動作を解消するポイントは、少し内側に肘を向ける事です!!

20160329_093740672_iOS

できたら、その場でやってみましょう!!

—————————-

 

①立った状態から、肘を外に向け伸ばす!

②肘を内側に向けながら伸ばす!

 

—————————-

少しのポイントで伸びが大きく変わりませんか!?

(※分からなかった方は、コメント 又は いいねではなく「悲しいね😢」を押してください!後日動きを撮影してみるので、、、)

この差は、実際に泳ぐ場面では、もっと大きな差になりますので気をつけていきましょう!

 

☆肘が内側に向くと良い事!

 

①無駄な動作が無くなる

②肩甲骨が最大まで伸びる

③肩甲骨が繋がりストロークがパワフルになる!

④キャッチやエルボーアップなどに動きが繋げやすくなる!

 

この肘の動きは、比較的スプリンター向けのポイントです!

また、体のラインから外側にずれる方、ストロークが伸びない方などに、特に効果的です!!

是非意識してみてください!!(^^♪

 - ストローク