ビート板で動かし方のイメージを作ろう! | TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

ビート板で動かし方のイメージを作ろう!

 

今回は、ストロークの動きのイメージを作るドリルトレーニングをご紹介します。

肘の動きを変えると、もっとパワフルに、効率よく泳ぐことが出来ます。

是非意識して動かしてみましょう。

 

ビート板を使ったエルボードリル

 

☆やり方

 

①ストレートアームで、押えてみよう!

※肘・肩を痛める可能性があるので注意しましょう。

スクリーンショット (1311)

スクリーンショット (1315)

スクリーンショット (1330)

スクリーンショット (1333)

 

②肘をしっかりと曲げた状態からやってみよう!

スクリーンショット (1323)

スクリーンショット (1324)

 

力の入れやすさが大きく違うと思います。

実際には、手は伸ばした状態からストロークをしていくので、横から閉じる動作はありませんがイメージを作るきっかけにはなると思います。

しかし、エルボーアップの動きができない・分からないという方も多いと思います。

本日のブログに、なぜエルボーアップが意識できないのか、、、

どうしたら動きが変わってくるのかを紹介していきます!!

 

是非お楽しみに!!

 

 

この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

関連記事

TEKISUI公式BLOG

TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

こんにちは!TEKISUIの公式ブログへの訪問ありがとうございます。TEKISUI PADDLEは、進化し続けるため、日々研究をしてもっと良いパドルにできるようがんばっています。私達の取り組みやTEKISUI PADDLEの最新情報をお届けしていきます。 よろしくお願い致します。

カテゴリ一覧

ご購入に関して

お店で楽天ID決済が使えます。お求めの方は、商品一覧をクリック!

楽天ID決済

いいね!で最新情報GET

Copyright © TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】 All rights reserved.