TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

【第5日目】本日の見どころ!!ジャパンスイム2016

   

ジャパンスイム2016[4日目]の決勝レースの結果からお伝えしていきます!!!

 

①女子 100m 背泳ぎ 決勝

1酒井 夏海 スウィン南越谷 1:00.12 中学新 リレー標準突破

 

 

②女子 200m バタフライ 決勝

1 星 奈津美 ミズノ 2:06.32 派遣標準突破

2 長谷川涼香 東京ドーム 00 2:06.92 派遣標準突破

 

 

③女子 200m 個人メドレー 決勝

1 寺村 美穂 セントラルスポーツ /日本大学 2:09.87 派遣標準突破
2 今井  月 豊川高校 00 2:10.76 WJ新 派遣標準突破

 

 

5日目の見どころ

 

【本日行われる決勝競技】

①男子 100m 自由形 決勝

標準記録[48.16]

②女子 100m 自由形 決勝

標準記録[53.81]

③男子 200m バタフライ 決勝

標準記録[1:55.39]

④男子 200m 平泳ぎ 決勝

標準記録[2:09.54]

 

 

レベルの高い好記録に期待!!

 

男女400mリレーの代表争いとなる、100m自由形の決勝に注目だ。

男子リレーの個人派遣標準記録の48秒99をクリアしているのは、中村克(イトマン東進)と塩浦慎理(イトマン東進)の2人のみ。

残り2枠に近いのは、高校時代からともに切磋琢磨してきた、今年20歳の坂田怜央(イトマン近大)と丸山徹(スウィン埼玉)。

この若手2人の48秒台突入が、男子リレー派遣のカギを握っているといっても過言ではない。

 

 

レベルの高い決着に期待!!

 

女子はリレーの個人派遣標準記録突破にも注目したいところだが、

今や日本記録保持者となった池江璃花子(ルネサンス亀戸)と、

ロンドン五輪以来、女子短距離を牽引してきた内田美希(東洋大学)との戦いに注目。

両者とも個人での派遣標準記録突破と同時に、53秒台での決着を期待したい。

 

 

 混戦の代表争いを制すのは、、、

 

男子200mバタフライは、混戦模様。

昨年飛躍を遂げた坂井聖人(早稲田大学)と瀬戸大也(JSS毛呂山)、

五輪メダリストの松田丈志(セガサミー)の三つ巴の対決が見どころ。

そこに1分55秒台を持つ矢島優也(スウィン大宮)、梅本雅之(KEIO)、

さらに高校生の幌村尚(ナイスSP)がどこまで食い込むか、最後まで目が離せないレースになる。

 

 

 予想が出来ない激戦

 

 

男子200m平泳ぎは渡辺一平選手が派遣標準記録を突破しトップ通過している。

注目の北島選手は3位通過「レベルたけぇ!明日は悔いないレースしたい。」とコメントを残しています。

コメント通り高いレベルでの代表争いが予想される。

 

本日も目が離せない注目レースばかりですね!!!!!

是非チェックしていきましょう!!!|д゚)

 

この記事は、『ジャパンスイム2016 HP』様の貴重な文章を引用しております。

 - ニュース