TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

1日10ストロークで泳ぎが変わる!?シャード―スイムのやり方!!

   

 

今回は、一日に10ストロークのシャドースイムで泳ぎを変えるやり方をご紹介します。

是非トレーニングしてイメージ通りの動きを手に入れましょう!!

 

 

シャドースイム

やり方

鏡などの動きが確認できる場所で、正面から動きを確認してみましょう!!

頭の中でイメージしているストロークを再現するように動かします。

※この時にしっかりと自分の動き

(ストロークの軌道や腕や肩の動き)

を確認しながら行いましょう。

スクリーンショット (1501)

スクリーンショット (1504)

 

 

ポイント

 

①理想の泳ぎをイメージする!!

理想の泳ぎのイメージがないと、泳ぎに変化はありません。

どんな動きをしたいのか、もう一度確認しておきましょう!!

 

②イメージとの違う動きを確認して、修正していく!

ストロークの動きは、人それぞれに「癖」があり中々直ってくれません。

鏡で癖の部分を探し「シャドースイム」で修正しましょう。

さらに、水中でも意識する事で少しずつ「癖」が修正できるようになります。

 

③2人以上で確認しあってみましょう。

自分だけの確認では、良い方に考える為、見落としやすくなります。

他の人から見てもらうことで新たな「癖」に気づく事ができるかも!?

動画など撮影してみてもOKです!!

 

 

【上級編】リズムを一定に保つ

上級者は、できれば1日10ストロークではなく

最低「1レース時間動かしましょう」!!

 

【目的は、泳ぎを直すことその泳ぎを保ち、レース時間動かすことです

更に、リズムを一定に保つように意識することで

「レースストロークを意識したトレーニング」ができます

 

泳ぎのストロークテンポを一定に保つため

「メトロノーム」などを使い

リズムを保って動かせるようにしていきましょう!

 

 

 

最初は、1日に10ストロークくらいで泳ぎのイメージと動きのギャップを確認して修正しましょう。

そこから、慣れてきたら上級編にもチャレンジしてみましょう!!

 

 

この記事は、youtube内『SWIMnetチャンネル』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク, トレーニング