TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

正しいスタビライゼーションのやり方

   

 

今回は、正しいスタビライゼーションのやり方を紹介します!

間違ったやり方をすると、効果が少ないだけでなく、怪我の原因にもなるので注意して行いましょう!

 

スタビライゼーション

 

基本姿勢

①手と膝を肩幅くらいに開いて床につけます。

スクリーンショット (1662)

 

②肘を内側に向けて、対角線のラインで「手・足」を浮かせていきます。

スクリーンショット (1665)

 

 

正しいスタビライゼーションのポイント

 

①一直線を意識して行う!

スクリーンショット (1682)

※アライメント:アライメントとは 各関節や骨の並び のことをいいます。

アライメントが崩れていると関節や筋、靭帯などに負担がかかってしまい、ケガをする原因となってしまいます。

 

②手の平を内側に向ける!

スクリーンショット (1684)

 

③足首を90度にする!

スクリーンショット (1685)

 

 

間違ったやり方

 

スクリーンショット (1688)

 

スクリーンショット (1690)

スクリーンショット (1691)

【チェック】

①顎が上がり過ぎないように!

逆に下を向きすぎる方も多いので注意しましょう!

 

②腰が反らないように!

お腹をしっかりと意識して行うようにしていきましょう!

 

③足首を曲げる!

やっていると足首を忘れる事が多いのですがしっかりと注意して行いましょう!

 


 

 

どうでしたか?

間違ったやり方はしていなかったでしょうか?

 

正しいやり方で行わないと「怪我」をする原因にもなります。

しっかりとチェックしながら行いましょう!

 

 

この記事は、youtube内『MarvelousPerformance さんのチャンネル』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - トレーニング