TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

レースで勝つ為の秘訣とは!?

   

 

今回は、タイムを縮める為の重要な動作をご紹介します!!

レースで勝つ為に大切な事は何でしょうか?

 

 

 壁際の周辺技術

スタート/ターン/ゴールタッチを克服することが「タイム」向上の鍵になっています!!

スクリーンショット (2132)

 

レースでは、泳いでいるのは全体の6割程度です。

残りは、「スタート・ターン・ゴールタッチ」などで、

これらをトータルで考えることでレースでのタイムが向上させることができます。

スクリーンショット (2135)

 

では、水泳の局面を細分化して考えてみましょう!

まずは、スタート局面です。

 

スタート局面

スタート局面とは?

スタートから15m地点までを「スタート局面」と言われています。

 

【15m通過タイム:日本トップ選手の場合】

参考:5.5秒

 

15mのタイムが伸びない方は、動作の中で何か改善点がないかしっかりとチェックして修正していきましょう。

 

スタートのポイント

①スタート台で安定した姿勢をとる

両足で揃えた状態から、片足を後ろに引いていくと安定した姿勢を作りやすくなります!!

スクリーンショット (2138)

 

②拇指球(足の裏)でしっかりと台を蹴る!!

足の裏の前部分に力が入るように意識してみましょう!!

スクリーンショット (2139)

 

③飛び出しは、最短距離で体を一直線に入水する!!

なるべく抵抗を少なくスピードが出るように入水していきましょう。

スクリーンショット (2141)

 

④入水後は、自分で泳ぐよりも速いスピードを活かす!!

スピードを上げていくのではなく、減速しないようにドルフィンキックなどを使って浮き上げってきましょう!!

スクリーンショット (2142)

 

 

ターン局面

ターンの重要性

水泳は、水の抵抗を受けながら進むため「常に減速」しながら進んでいきます。

その減速を挽回できるのが「ターン」です!!

その為「ターン」動作というのはレースでタイムを縮めていくには重要な動作となってきます!!

スクリーンショット (2146)

 

 

ターンのポイント

ターンで重要になるのが、動作のスムーズな連携です。

スクリーンショット (2147)

 

①壁に足が着いた状態では、膝が曲がっている状態が理想です。

次の動作の「蹴る」という動作にすぐに繋げることができるからです。

スクリーンショット (2151)

 

 

②回っている間に手を頭の近くに持ってくる!

手を近くに持ってくることで、壁を蹴る時にすぐにけのびの姿勢に移ることができます。

スクリーンショット (2150)

 

③回転の間に準備をして、「抵抗の少ない動作・スムーズな連携」が大切です!!

スクリーンショット (2153)

 


 

 

スタート直後やターン直後が最もスピードが速く、徐々にスピードを落としながら進む水泳では、その減速をいかに抑えるかが重要になってきます!

スクリーンショット (2154)

 

泳ぎだけでなく「壁際の周辺技術」を向上させていけるように練習していきましょう!!(^ ^)!

 

 

 

 

 - スタート・ターン, メンタル