TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

浮き上がりが上手くなるマル秘テクニック公開!!

   

 

今回は、浮き上がりが上手くなるマル秘テクニックをご紹介します!!

浮き上がりは「深かったり、浅かったり」と安定しない方も多いと思います。

特に初心者の方は、このテクニックを知ってれば落ち着いて対処できるのでしっかりと覚えておきましょう。

 

浮き上がりのテクニック

 

指先の動きを変える

 

例えば、深く潜ってしまった場合では「手の平から指先を反らせて斜め上を向かせます」

そうすると、入水した速度を利用して浮き上がることができます。

 

反対に、浅く入ってしまいドルフィンキックが思うように打てない方は斜め下に向けてみましょう。

そうすると、自然に潜ることができます。

 

 

ポイント

 

①手の平から指先だけを反らせましょう。

体まで反ってしまうと急に角度が変わるため抵抗が大きくなり行き過ぎてしまいます。

入水でスピードが出れば出るほど少しの動きで大きく変わるのでどれくらいが感じが良いのか試してみましょう。

 

②体は真っ直ぐを保ちましょう。

特に、お腹部分を意識して真っ直ぐのラインを作れるようにしていきましょう。

また、ストリームラインの「指先・手の平」が離れると大きく抵抗になります。

必ず離れないように揃えておきましょう。

 

③指先を反るタイミングを決める。

私が、指導などでオススメしているのは「入水してからドルフィンを打ち始める時に反る」です。

画像では、この辺りです!

名称未設定-1

名称未設定-2

ほとんどの方は、ドルフィンを打ち始めると同時に姿勢の角度を少し変えます。

初心者の方が「キックを打っても浮き上がれない」という場合は、ほとんどが斜め下または真っ直ぐに進もうとしています。

 

指先だけでも上に向けることで、自然と浮き上がる方に力が伝わるため動きがスムーズになります。

 


 

 

どうでしたでしょうか?

細かな動きですが、少しのポイントで大きくスピードが変わってきます。

 

もっとスムーズにスタートをしていきたい方は是非試してみてください!!

 

 

この記事は、youtube内『SwimTechnique TV』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - スタート・ターン