TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

効率の良い動きを作る「ローリングドリル」!

   

 

今回は、効率の良い動きを作る「ローリングドリル」をご紹介します。

オープンウォーターやトライアスロンなどの長距離を泳ぐ方に最適です!!

 

ローリングキック

 

やり方

①気をつけの状態から、ローリングをしながらキックをしていきます。

名称未設定-1

 

②頭を中心にして全体をローリングするようにしていきましょう。

名称未設定-2

 

ポイント

 

①頭から真っ直ぐなラインを保つ!

キックで真っ直ぐなラインが保てない場合、スイム時にはキック以上にねじれます。

しっかりと体幹を意識して保ちましょう。

 

②キックを強く打ち高いポジションを保つ!

一定のリズムを保ちポジションを安定させていきましょう。

 

③顎を引いて頭のラインも整える!

なんども記事で書いていますが、頭の位置で全体の姿勢が大きく変わります。

しっかりと頭位置を確認していきましょう。

 

 


 

 

しっかりと安定したローリングキックができるようになったら、片手ストロークを入れてみましょう。

このローリングの動きの流れに片手ストロークを足しすことで全体のローリングを使ったストロークを作ることができます。

確実に安定するキックを身につけてからの片手ストロークをするようにしましょう。

安定しないキックでストロークを足すと「ブレなどの癖」の原因になります。

 

是非効率の良い泳ぎを身につけていきましょう!

 

 

この記事は、youtube内『Nobuyiki Kusano』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク