TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

ストロークの最大距離を伸ばすコツ!!

   

 

今回は、ストロークの最大距離を伸ばすコツをご紹介します!

ストロークでスピードを早くするには「テンポを速くする・ストローク長を伸ばす」基本的にこの2つです。

今の状態ではどちらから伸ばしていきやすいのかを考えて練習していきましょう!

 

ストロークを伸ばす!

 

ストローク長を伸ばすというのは、どのレベルの方にも必要なの基礎部分です!

最大のストローク長を伸ばすことで、効率の良い泳ぎ・速度をコントロールすることができます。

 

伸ばすためのコツ

 

①肩幅のラインで指先から真っ直ぐに伸ばすことに集中しましょう!

※中心ラインよりも内側・体のラインよりも大きく外側にならないように注意!!

 

②フィニッシュ動作も押し込む!

前に伸ばすだけでは最大のストロークを感じることはできません。

前に伸びる動作に合わせて押し込んでいきましょう!

 

③指先の一番遠い部分から水を押さえる!

手の平部分だけに意識すると画像のように抜けやすくなります。

手(解説)失敗例

こうなると水をなでているように引いてしまうので、効率良く前に進まなくなります。

※選手でも結構多いので注意してみましょう。

 

指先が抜けている or 押えられているでは大きくタイムが変動します。

例えば、1ストロークで「1cm」の違いが出るとします。

 

例)1cm × 30ストローク =30cmの違い

 

このストローク数が多くなればなるほど違いは大きくなります。

0.1秒を争う競泳では少しの違いで大きな差になります。

1cm大きさをしっかりと意識し、自分を超えていきましょう!

 


 

 

 

指先からキャッチすることを覚えたい方は是非「テキスイパドル」をお勧めします!!

※ブログのメニュー・Amazon・楽天・スポーツ店などで購入可能です!

アーチOGP

 

このパドルは「指先からキャッチ」することに特化して開発されたパドルです。

中指部分の穴から力を入れることで、刺激が入りしっかりとキャッチをするとこができます!

さらに、形状・材質を変えることで強いキャッチングを感じ・自分にフィットする感覚を手に入れることができます。

水を押さえる意識を変えたい方は是非使ってみてください!!♪

 

この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク