TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

沈まない片手ストローク

   

 

しっかりとローリングを使う!

 

脇にブイを挟んだ状態で片手ストロークをします。

ブイを挟むことで体が浮きやすく、ローリングをするときに全体を意識しやすいです。

何もないときよりもストロークや全体的動きまで意識する余裕ができるのでお勧めです。

 

ローリングのポイント

 

頭のラインを動かさず全体をローリングしましょう。

フラット・真っ直ぐの状態で泳ぐことが主流ですが、フラットの状態でも体の連動を使って泳いでいくためいきなりフラットから練習しても連動の無い動きは進みません。

なので、体の連動やつながりを意識しやすいローリングを使って練習しましょう。

 

ストロークは浅く!

 

ローリングを使うとどうしても深いところからストロークをする方が多いです。

できるだけ、下に落とすのではなく!横に広げる意識でストロークを練習しましょう。

赤のポイントまで下がってしまうとかなりの筋力が必要になります。

黄色くらいのポイントでストロークすることをお勧めします。

 

cc-library010010873

 

 

この片手などのドリル練習にはTEKISUIパドルがぴったりです。

より水をつかみ、テクニックを向上してくれます。

是非お使いください。

 

tekisui

この記事は、youtube内『born to swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 

 - ストローク