TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

チューブを使ったキャッチトレーニング

   

 

今回は、チューブを使ったキャッチトレーニングをご紹介します。

陸上で思っている動きをできないと水中ではもっとできなくなります。

しっかりと動きを確認しながら動かしていきましょう!

 

 

 

キャッチトレーニング

 

やり方

 

①チューブを指先や手のひらにセットしましょう。

名称未設定-1

 

②肘を支点に「指先・前腕」を使って引っ張ります。

名称未設定-2

 

③この動作を繰り返してキャッチの動きを覚えていきます。

 

【回数】

30秒〜1分 × 左右 × 2〜3セット

※両手で行ってもOKです!

 

ポイント

 

①手のひらを後ろに向ける!

肘を支点に手のひらを後ろに向けた状態で動作を行っていきましょう。

 

②肘を内転させる!

キャッチをする時には、肘を内転させるように動かしましょう。

※肘だけで動かそうとすると動きづらいです。肩甲骨を前に突き出すようにして内転させましょう。

 

③腰を丸めないように注意!

猫背などで長くトレーニングを行うと腰を痛める可能性が高いです!

注意して行いましょう!

 


 

 

セラバンドは柔らかく使い勝手も良いです!

インナーなどのトレーニングには是非オススメです!!

218G1DY4NgL

 

この記事は、youtube内『Nobuyiki Kusano』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - トレーニング