TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

楽しみながら強化

      2016/02/04

 

見た目以上にキツイ!

この練習すごく楽しそうで遊んでるだけに見えるかもしれません。

ですが、このトレーニング、、、すごく効果的にキックとプル動作強化ができるんです。

動画では、普段のストロークで行っているように見えますが、できればこのトレーニングは全力で前の方も後ろの方も泳ぐ事をお勧めします。

競争にするともっと自然に練習強度は上がると思います。

 

①なぜこのトレーニングがいいのか。

まず、1番に楽しい事。

練習を楽しむことは速くなる1番のポイントだと思います。

 

②色々な部分が矯正される。

足が動かないようにロックされているので、腕は腕、キックはキック、二人が頼らず動かさないと上手く進みません。

例えば、クロールで呼吸をした場合そこで体が開く癖がある方は、足をロックされているので開かないように矯正されます。小さな動作で上半身をねじるよう呼吸しましょう。※後ろの方を巻き込んで足までローリングしないように!

呼吸時にキックが開く方は、ロックされているので最小限の動きで呼吸をするようになります。※後ろの方のロックを無理やり開かないように!

このように、ロックすることで無駄な動作がなくなりスムーズな動きを作ることができます。

 

③全力で動かすとキックは呼吸できない。

全力で2人が動かすと後ろのキック担当は呼吸が出来なくなります。

潜水でキックの全力をいかないといけなくなるので心肺機能の強化にもつながります。

 

練習する際には、レベル差のある方と組む

同じレベルの人と組むのではなく、できればレベル差をつけて組むとより新しい感覚を感じられます。

さらに、レベル差をつけると競争では盛り上がります。

 

練習強度を上げるなら

FINやパドルを使用していくとより強化がしやすくなります。

特に、ジュニアスイマー・マスターズスイマーにお勧めします。

プル動作は、腕のみで泳ぐので負担が大きい為、TEKISUIパドルを使用するといいでしょう。

名称未設定-1

楽しみながら強化していきましょう!!

 

この記事は、youtube内『born to swim』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - キック, ストローク