TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

ドルフィンキック強化

      2016/02/04

 

高強度トレーニング

このトレーニングは、重り(メディシンボール)などを持って浮いた状態で沈まないようにキックしていきます。

重りは、砂を入れたペットボトルなどでも代用できます!!

動画では、ドルフィンキックで体を沈ませず、ボールを上下に動かしていますがかなり難しいです。

まずは、動かさなくていいので胸の前の方で持って沈まないようにキックしましょう。

 

また、キックに自信が無い方は、FINを付けてキックしていきましょう。

ポイントとしては、毎回しっかりと打ち込むのではなく狭い幅で細かく速く動かすことを意識しましょう。

そうすると、テンポのいいキックがスイムの中でも使えるようになってきます。

 

さらに、キックの種目をクロールにするとキックの強度はさらに高くなります。

※クロールも一緒で幅の小さい速いキックを意識しましょう。

最初は、500ml(中身あり)のペットボトルくらいから始めると自分の持てる範囲が分かると思います。

 

是非お試しください!

 

 

 

この記事は、youtube内『SportsDVDs』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - キック