TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

平泳ぎでのフラットドリル

   

 

どの泳ぎもそうですが、体を沈めないようにすることはすごく大切な事です。

考えればわかるよ!でも頭では分かるけど体が動かないんだよ!と思っている方も多いでしょう。

 

基本的には、体のポジションは陸上で再現してから水中に移行させると分かり易いです。

ポジションを意識する陸上トレーニングは今後のお楽しみということで、、、笑

 

では、この動画は平泳ぎのストロークポジションを浮かせるドリルの一つです。

 

平泳ぎのストローク クロールのキック

平泳ぎのストロークをしながらクロールのキックを行っていきます。

 

このドリルは、やってみるとそんなに難しくはないです。

ですが、しっかり色々な部分を意識しないと姿勢が崩れます。

 

なので、意識する部分を決め一つずつクリアして姿勢作りをしていきましょう!

 

キックは大きくしない

一番簡単な事から始めましょう。

キックを大きくしてしまうと腰が下がったり、抵抗が大きくなりリズムよく行えないのでキックは細かく速くを基本として行ってください!

 

頭はスムーズに入れ込む

頭を呼吸した流れで入れ込むようにしていきましょう。

呼吸をして前を向いたままストロークを続けないように!

 

 

顎を引いて頭の頂点が壁に向くように入れ込むと丁度よく自然な流れで動いていきます。

 

※入れ込みすぎも注意です!

 

 

手は前に伸ばす!

このドリルを行うと下にもぐる方がおられます。要注意です!!

下にうねるように潜ってしまうとフラットな状態ではなくなります。

 

このドリルは、フラットなポジションで泳ぐことが目的なので気を付けましょう!

なので、体重やストロークは前に伸ばすように意識しましょう!

 

 

ストロークを伸ばした時、腹圧を意識!

ここはこのドリルの中で一番大切です。

手を伸ばした時、腹圧をしっかりと意識し伸びるようにしていきましょう。

 

その時に、【手・頭・腰・お尻・足】ラインができるだけ真っ直ぐになるように意識してください。

 

腹圧を意識することで腰の位置が高くなり次のストロークにもスムーズにつなげることが出来ます!

 

 

テンポを上げる場合はキックを止めないように!

ストロークテンポを上げたい時には、呼吸時にもキックを止めないように常に腹圧をかけて行ってください!

 

ストロークが伸びた状態には、より強く腹圧を入れる。

 

そうすると、腹圧が抜けず腰の位置が高くなり平泳ぎのキックに戻した時にも同じポジションでフラットに近く泳ぐことが出来ます。

 

 

この記事は、youtube内『VeloPress』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク