TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

一流同士の考え方

   

 

 

イチローと椎名林檎の思考

職業の違う一流の同士の対談。

イチロー選手、椎名林檎がそれぞれのテーマから連想する言葉を答えています。

1.影響
椎名林檎さん
「尊敬している人からのみ受けるもの」
イチロー選手
「心が動いたとき」

2.教科書
椎名林檎さん
「圧倒してくれる人達」
イチロー選手
「自分で作りあげるもの」

3.変化
椎名林檎さん
「成長」
イチロー選手
「進化」

4.スタイル
椎名林檎さん
「後付け」
イチロー選手
「自分だけのもの」

5.真似
椎名林檎さん
「ひとりでにしている事」
イチロー選手
「ヒントを得るもの」

 

 

椎名林檎さん、イチロー選手の答えの一つ一つにそれぞれの職業の違いがあり、考え方が現れています。
どっちが上とかでなく職種の違いから2つの目線の答えを得られることは我々にとって、とても貴重なことだと思います。
でも私が特に深い言葉と思ったのが、イチロー選手の「ヒントを得るもの」の答えです。

【真似をすることでヒントを得る】
イチロー選手は、これまでにバッティングフォームを何回も変えています。
フォームを変えることは選手にとって大きな決断です。

しかし、進化をする為に他の選手の良い部分だけ真似してみて「ヒント」を得る。
それを自分だけのスタイル(フォーム)に変化させる。

イチロー選手が成績を残し続ける事が出来ているのは、努力を継続して出来る事常に自分に合わせた動きを探せる事が大きな要素じゃないのかなと思います。
水泳でも同じことが言えます。
まずは、真似ることから始めてみましょう。
その中から「ヒント」を見つけ自分の動きに取り入れてみましょう。

 

 

この記事は、youtube内『ICHIRO 51 TV』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - メンタル