TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

片手ストローク(クロールバージョン)

   

しっかりとローリングを使う!

 

脇にブイを挟んだ状態で片手ストロークをします。

ブイを挟むことで体が浮きやすく、ローリングをするときに全体を意識しやすいです。

何もないときよりもストロークや全体的動きまで意識する余裕ができるのでお勧めです。

 

ローリングのポイント

 

頭のラインを動かさず全体をローリングしましょう。

クロールの場合も、背泳ぎの場合(背泳ぎはここをクリック)と同じように頭を固定してローリングしていきます。

その時に、入水ポイントに合わせてローリングを入れて左右対称に動くように意識しましょう!

 

ストロークは突き刺すように!

 

背泳ぎでは、ストロークを浅くしましたがこのクロールのドリルでは【体重移動】をポイントにしていきたいので少し深めに入水させていきましょう。

クロールは、前に浅く伸ばすと体重移動が難しいです。

浅い部分での体重移動はテクニックと慣れが必要になるので、まずはローリングを入れて体重移動をするようにしましょう。

でも、上記の【頭のラインを動かさない】ここは守っていきましょう。

入水のポイントは、指先に全体重を乗せていくようなイメージで斜めに突き刺します。

突き刺したと同時に全体をローリングさせると前に乗りやすくなります。

テキスイパドルを付けていれば、指先を意識できるので体重移動とキャッチまでをよりスムーズに意識して行うことが出来ます。

体重移動からキャッチまでがスムーズにできれば、ストローク長を伸ばすこともできるし、前部分だけを意識し回転を上げても空回りすることなくスピードに繋げていくことが出来ます。

 

手(解説)失敗例

-注意-

!全体の流れが止まりキャッチが抜けます!

 

 

回転ばかりで進みが悪い方は、ストロークの前半部分(入水からキャッチ)までの部分で体重移動と全体の連動を意識したキャッチを練習してみましょう。

ここの部分ができると泳ぎのスピードが劇的に変わってくると思います。

体重移動は、競泳はもちろんトライアスロンなどでも必要なテクニックなのでしっかりと練習して身に付けておきましょう!

 

 

TEKISUIパドルのお求めは、上記の商品一覧からお願いします!

 - ストローク