TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

水泳での重要な動作

   

 

本日は、テキスイパドルを使うとストロークの中のどの部分に効果があるのかを紹介いたします。

 

入水からキャッチまでの感覚を変える。

 

テキスイパドルは、特に入水してからキャッチまでの局面とすごく相性がいいです。

なぜかというと、指先にパドルを装着する為、入水した瞬間に一番遠い部分で水を押さえることが出来るからです。

入水して水をおさえられない状態を説明していきます。

 

手首が曲がりお腹が落ちる

 

名称未設定-1

名称未設定-3

 

ご覧のように、手首が曲がってしまうと水を押さえられず腹圧も抜け全体的なポジションが下がります。

こうなってしまうと毎ストロークでポジションが下がる為、それを直そうとして上下の動きや左右のぶれが出てしまいます。

自分今、変なリズムがあるなー!?っと思った方は少し注意して自分の動きを確認してみましょう!

 

Tekisuiパドルを使うとこの動きを改善することが出来ます。

 

水を押さえるとポジションが上がる

 

名称未設定-2

 

名称未設定-4

 

入水してからストロークの一番遠い部分で水をとらえることが出来るだけでポジションが上がってきます。

さらに、4番目の写真を見ていただくとわかるように腰までのポジションが変わってきます。

そうすると、肘が高い位置からきれいに入水することができ体重を前に乗せることが出来ます。

 

 

名称未設定-3

比較

名称未設定-4

 

 

テキスイパドルはよく、「キャッチだけのパドルだから、、、」と思われますが、キャッチ局面で水を押さえることが出来なければフィニッシュ局面でも同じように押さえることが出来ません。

 

キャッチで水をつかみ、その重みを無くさないようにフィニッシュまで持っていくことが大切です。

 

この感覚的な動作は、人から指導されるものではなく体で感じるものです。

 

是非一度この感覚を感じてみてください。

 

 

 - ストローク