TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

バタフライで姿勢を崩さず呼吸する方法

   

 

バタフライの中で一番難しいポイントといえば、やはり息継ぎですね。

泳ぐだけでもきついのに、、、タイミング良く顔上げて呼吸したと思ったら入れなきゃいけない。

色々しないといけないので大変ですよね!

 

今日は、この呼吸が楽になり尚且つスピードにつながるポイントをご紹介します。

 

顎を出して呼吸しない

 

バタフライの呼吸が難しい方はほとんど、呼吸をしようとしすぎて思い切って顔を上げすぎるというところに問題があります。

顔を上にあげるようにしてしまうと下半身が下がり丁度「棒プル」をしているようなポジションになります。

 

バタフライでは、呼吸を含めた動作全般!上に上がるのではなく前に力を加えなくてはいけません。

前に力を加えるには、まず、呼吸動作を顎を出して上!ではなく

「顎を引いて低い位置で呼吸」

に変えていきましょう。

 

まずは、難しく考えないようにそのままの泳ぎで顎だけ出さないように意識してみましょう。

 

これだけでも泳ぎが少しずつ前に乗っていきます。

 

 

長い時間呼吸しない

 

顔を上げてから一息で吸える動作をゆっくりしてしまうと体はどんどん下がります。

これは、顔を速く上げすぎることが原因です。

 

 

速く上げると長い時間顔を上げていられるので良くありがちですが、これをしてしまうと毎回の呼吸でタイムロスしてしまう為すごくもったいないです。

ここで、少し我慢してかをを上げるように意識しましょう。

ポイントは、一瞬で呼吸する。

長い時間顔を出さずすぐに入れる。

 

 

これが出来ると、楽に泳げ、スピードアップにもつながります。

ドリルの片手から呼吸動作を練習していくといいでしょう。

 

是非お試しください。

 

 

この記事は、youtube内『speedojapan』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 

 - ストローク