TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

古賀選手のストローク

   

 

今回は、古賀淳也選手がモデルとなっています!

 

悪い泳ぎと良い泳ぎ

 

まず、3分30秒あたりから、間違った泳ぎをしてくださっています。

頭が高い位置にある為、腰の部分が下がっています。

腰が沈まないように、ポジションが全体的に上がってくるように意識しましょう。

 

 

4分20秒あたりから泳ぎが変わってきます。

全体がフラットな状態で動きが凄くスムーズですね!

 

特に、ストロークの動きに注目してください!

名称未設定-1

右手のこの部分がストロークで一番深い部分です。

他の選手などの泳ぎと比較すると浅い事が分かります。

cc-library010010873

古賀選手のように、ローリングから横に広げるようにストロークすることをお勧めします。

また、足の開き方やローリング具合にも違いがあります。

どっちの泳ぎが自分に合う泳ぎなのか試してみて下さい!(^^)

 

名称未設定-2

 

古賀選手のこの部分!!

是非動画で【4分35~39秒】あたりのこの部分見てください!

水をしっかりとキャッチして進んでいることが良くわかります。

細かな動きまで参考になります。

是非ポイントを絞って真似してみましょう!

 

 

 

この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 

 - ストローク