TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

フラットな泳ぎを作る方法

   

 

このトレーニングは、【Board on swim – ボードオンスイム】って呼んでます!

フラットな泳ぎを作る為のドリルトレーニングの一つです。

 

背泳ぎの記事で紹介していたフラットな泳ぎを作るのにも有効なトレーニングです。

 

やり方

 

ビート版の上に乗って泳ぎます。

 

【バタフライ・平泳ぎ・自由形】

ボードの先端が鎖骨の下あたりに来るようにセットします。

 

【背泳ぎ】

ボードが腰からお尻のあたりに来るようにセットします。

 

そのまま、ボードが外れないように泳ぎます。

 

 

ポイント

 

●ローリングをしすぎないように注意!

ローリング大きく入れるとすぐにボードが外れます。

ローリングの動きを最小限にして動かしましょう。

 

●フラットな状態を作れる。

上下の動き無くしましょう。

上に立つような泳ぎはすぐにボードが外れます。

前に前に進むよう意識しましょう。

 

●安定したポジションを覚えられる。

ローリングを抑え、フラットな状態で泳ぎを矯正していくと無駄な動きが少なくなり

ボードをとった時でも同じようなポジションで泳ぐことが出来ます。

 

スピードを出して泳ぐ!

 

このボードオンスイムは、スピードを出すことでより効果を高めます。

ゆっくりでは、バランスをとっているだけなので慣れてきたらスピードをどんどん出していきましょう!

 

 

※初めて行う方は、すごく難しいと思います。

まずは、キックを打たずに上下左右の動きを無くすことを心掛けましょう。

次に、キックを合わせてバランスをとっていきます。

最後に、スピードに繋げていく!という感じです。

 

 

このトレーニングは、矯正力が強いのですぐに泳ぎに変化があります。

是非ポイントを意識しながら行ってみてください!

 - ストローク