TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

気がつかない内にポジションを悪くしていませんか?(クロール編)

   

 

今回は、Roland Schoeman・Lexie Kelly・Junya Koga選手の動画を参考にして見ていきましょう。

クロールのポジションについてご紹介します。

是非このポイントを参考にしてみましょう。

 

クロールの姿勢を変える「頭の位置」

 

多くのスイミングやプールでは、ほとんどの場合で自分以外の人が同じコースを泳いでいます。

その時に、無意識にその方達と衝突を防ぐために少し顔を上げてみたりしていませんか?

その顔を上げる動作があなたのポジションを悪くしている原因かも!!

 

 

フロントスカーリング(頭が上がった場合)

腰のポジションが凄く下がります。

 

名称未設定-1

 

 

フロントスカーリング(頭を入れた場合)

全体的なラインが真っ直ぐになり体が浮いています。

 

名称未設定-2 名称未設定-3

 

 

クロールの場合(顔を前に向ける)

水の抵抗を前面に受け推進力が減速します。

ポジション、特に腰の位置が下がります。

 

名称未設定-4

 

 

クロール(顔を入れた場合)

腰の位置が高くお尻まで浮いている。

頭を入れることで肩甲骨が緩みストロークが伸びる。

 

名称未設定-5 名称未設定-6

 

 

少しの意識でポジションは変わってきます。

頭の位置だけで、これだけの高さに変化があります。

是非練習の際には、頭の位置を意識して泳いでいきましょう。

 

 

この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク