TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

タッチターンを高速化するポイント!

   

 

今回は、Rrbecca Soni(レベッカ・ソニ)選手の動画を参考にして見ていきましょう。

タッチターンのポイントをご紹介します。

是非このレベッカ・ソニ選手のタッチターンを参考にしてみましょう。

 

タッチターン

 

基本的には、平泳ぎもバタフライもその他タッチターンをする場合もポイント同じです。

しっかりとポイントを意識して体を動かしましょう。

名称未設定-1

 

★ポイント

 

タッチで壁にぶつからないこと!

ターンは、流れるように動くのが理想です。

壁に「ドンッ」とタッチしていくと完全に体が止まってしまいます。

 

肘を少し曲げながらタッチする。

肘を伸ばしたままタッチすると「ドンッ」となりやすく足も遠くなりやすいです。

壁に体を近づけるようにタッチしましょう。

 

膝を曲げてコンパクトにする。

タッチをした流れを使って膝を曲げてコンパクトになるよう心がけましょう。

しっかりと足の力を使って壁を蹴れるように近くにセットしましょう。

 

 

このポイントを意識して「空ターン」を行ってみましょう。

動画の最後にやっているドリルです。

 

●壁の無い場所で、壁をイメージしてタッチターンを行います。

※この時、できれば泳速は速い方が望ましいです。

まずは、ポイントを意識して泳ぎ始めるところまでやってみましょう。

名称未設定-2 名称未設定-3

 

この記事は、youtube内『ProSportsTips』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - スタート・ターン