TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

ストロークをスムーズにするドリルトレーニング

   

 

今回は、Switch Drill(スウィッチドリル)をご紹介します。

主に、キャッチ・ストローク部分を伸ばし体重移動を作る為のドリルです。

ストロークに伸びがないな~。と思う方は是非試してみましょう。

 

スウィッチドリル

 

★やり方

クロールで泳ぐ中でリカバリー動作を水中の中から戻してくるドリルです。

少し分かりずらいので動画を見ながら動きの感じを覚えましょう。

名称未設定-1

名称未設定-2

 

★ポイント

 

しっかりとキャッチを意識する。

腕を伸ばした時にしっかりと先端から水を押さえることを意識しましょう。

※指先が上に向く方が多いです。力を入れて逃がさないようにしましょう。

 

手(解説)失敗例

手(動き)

 

ポジションが下がらないように!

頭の位置・体の位置を沈んでいないか確認しましょう。

腹圧を意識してキックを止めないように行いましょう。

名称未設定-1

 

フィニッシュまでしっかりと押し込む。

ここはドリルなので、しっかりとフィニッシュ動作まで押し込み進むポイントを意識しましょう。

※ゆっくりした動作でいいので伸びを意識して行ってください。

焦ると軸がぶれたり、体が沈んだりします。

 

 

 

全体のタイミングを合わし、指先を下に向けることで、体重移動を意識することが出来ます。

そうすると「スーッ」と進む部分が増えスムーズに体を動かすリズムを作ることが出来ます。

 

しっかりと伸びを意識して大きな動きで行いましょう。

 

 

 

この記事は、youtube内『Tri Swim Coach』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク