TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

トップ選手のストロークの凄さ(平泳ぎ)パート2

   


トップ選手のストロークの凄さ(平泳ぎ)パート1 では、「ジェシカ・ハーディ」選手を参考にしていきましたが、今回は第二弾でFlorent Manadou(フローラン・マナドゥ)選手の動画を参考にして見ていきましょう。

是非このフローラン・マナドゥ選手のパワフルなストロークを参考にしてみましょう。

 

大きくパワフルなストローク

 

★ストロークの大きさとストロークのタイミングをよく見てみましょう!

 

肩幅のライン辺りから手の平を45°に傾ける。名称未設定-1名称未設定-6

そのままの角度を保ったまま大きく広げる。

名称未設定-3

ピークポイントで肘を支点に曲げる!

名称未設定-4

一気に引き付けます。ここからキックの動作の用意をしていく。

名称未設定-5

体全体を押し込むように入れていく。キックも少し遅れて打ち込みます。

名称未設定-7

 

このフローラン・マナドゥ選手のストロークは、強靭なパワーが必要となります。

特に、「前腕・広背筋」辺りのパワーが必要となってきます。

泳ぎを大きくしたい方は、この「前腕・広背筋」のパワーをアップさせて大きな泳ぎで同じストロークテンポで泳げるようにしていきましょう!

 

「前腕・広背筋」辺りを鍛えるトレーニングとしては、【懸垂】をお勧めします。

 

 

この記事は、youtube内『Speedo France』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク