TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

競泳でのクロスオーバーキックは厳禁!

   

 

クロスオーバーキックとは、連続したキックの動きの間に足を交差させる動作です。

競泳のようにスピードを求める競技には向かないのかなと思いご紹介いたします。

 

なぜ?

 

先ほども説明しましたが、連続した動きの中で足を交差してキックをわざと止めています。

名称未設定-1名称未設定-3

 

止めるということは、リズム・スピード・流れなどを止めているということです。

足は動いているのにクロスすることで止めるんです。

不思議に思いませんか?

 

キックをするなら、そのまま止めずに打ち込むだけでも、キックの力を推進力やポジションを浮かすために使うことが出来ます。

クロスオーバーキックでテンポを上げると、動きに止まる動作が加わる為、必然的に変則的なリズムとなります。

 

さらに、交差することが癖になると6ビートなどのリズムに変えたいと思った場合なども「クロスオーバーキック」入れてしまいストロークとのリズムが崩れることが多いです。

 

 

直し方

 

ビート版を使いキックしてみよう!

この時に、クロスさせないように気を付けながら行ってください。

ポイントは、「小さく・一定のリズム」を守ってキックしてみましょう。

※ビート版を使っても、どうしてもクロスしてしまう方はプールサイドなどで腰掛キックからしてみましょう!

 

片手ストローク「分からない方はこちらをクリック」

キックを大きくしないように先ほどのポイントを守ってキックをしましょう。

ストロークは、少し突き刺すように入水すると動きがスムーズに行えます。

 

垂直 又は 斜めの状態からフラッターキックをして泳ぎに繋げる。

「※やり方はこちらをクリック」

キックを細かく打つこと・止めないこと・クロスさせないことを意識しましょう。

 

ここまでできたらスピードを出してみてクロス・変則的なリズムになっていないかなど注意して泳ぎで見ましょう。

 

★重要ポイント

クロールでは、特に「呼吸動作」で足が大きく開いたりクロスしてしまったりリズムを崩しやすいです。

しっかりと呼吸時に体がどう動いているのか確認して改善させていきましょう!

 

名称未設定-2

 

 

この記事は、youtube内『Effortless Swimming』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - ストローク