TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

【初心者必見】水の動きをコントロールする。

   

 

今回は、スカーリング動作を使い水の動きをコントロールするトレーニングをご紹介します。

難しいと思いがちですが正しく動かせば意外と簡単にできるのでお試しください!(^^)

 

スカーリングで渦を作る

 

★動作のポイント

基本の動きは、スカーリングの動作です。

分からない方は動画を見てみましょう。

名称未設定-1

 

①肘から先を動かすように意識しましょう。

②手首など曲げないように真っ直ぐにしましょう。

③45°くらい傾ける。(下の画像くらいです。)

スクリーンショット (485)

 

④手の位置は、水面から10cm~20cmくらいの深さ

※深いほど力が必要です。浅すぎも注意です。

⑤動画のように少し狭く速く動かしましょう。

★⑥(重要)外に動かすときと内に動かす時に手の平の角度を変えないように!

どちらの動作も同じように動かすように意識しましょう!

 

 

最重要ポイント

水が当たっていることを指先から前腕で感じましょう。

外に動く時には、水を外側に押し出すように!

内に動く場合は、水を内側に持ってくるように!

この2つの水流がぶつかることで渦が出来てきます。

しっかりと「水を感じてコントロールする」ことを覚えましょう。

 

 

この「水をコントロールする感覚」がつかめてくると、ストロークの中でも、入水してからの動きが変わってきます。

一番遠い部分からのキャッチを可能にし、1ストロークで進む距離を伸ばすことが出来ます。

 

さらに、このトレーニングはTEKISUIパドルとの相性も抜群です。

水をつかむ感覚が指先からしっかりと感じられ泳ぎに伝わりやすくなります。

 

tpd1016n_493

是非テキスイパドルを使ってトレーニングしてみましょう。

 

この記事は、youtube内『VeloPress』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 

 - ニュース