TEKISUI -テキスイ【公式ブログ】

Feel your catch – キャッチを感じろ。

【初心者必見】バタ足のイメージを作る

   

 

今回は、バタ足の練習方法を紹介します。

初心者の方は、少しのポイントで進まないキックになっていることが多く「なぜだ?」と思っている方も多いでしょう。

キックが進むと泳ぐことが凄く楽になります。

しっかりとイメージして動かすことを覚えましょう。

 

進まないキックの特徴

 

●焦って蹴り幅の小さい痙攣キック

名称未設定-1

 

●力が入りすぎて動きが固い硬直キック

名称未設定-2

 

●膝を曲げる事ばかり意識する自転車漕ぎキック

名称未設定-3

 

●全身に無駄な力が入って腰が「グッ」と沈む水没キック

名称未設定-4

 

まだまだ名前を付ければいっぱいありそうですが、、、

今日はこれぐらいにしておきましょう。(笑)

 

とにかく、キックを直していくためにしっかりとイメージを持って体を動かしましょう。

 

打ち方をイメージする

 

駅などの公共施設にあるような、段差が小さく踏板の奥行きも深くない階段でイメージします。

名称未設定-5

足を前に蹴りだし気味にして階段を下りていくイメージです。

名称未設定-6

前に足を出した時がダウンキック。

名称未設定-1

そこから下の段に着地がアップキックです。名称未設定-7

反対の足が前に振り出されて次の段に降りた時に、キックの構えの状態をとります。

名称未設定-8

名称未設定-9

 

★よりキック動作に近くするポイント

 

足を前に出すときにつま先を立てて、すらしながら前に出してみましょう。

より水中でのキック動作に近い動きをすることが出来ます。

※靴の先が削れます。お気に入りの靴ではやらないように、、、(笑)

 

陸上でイメージを作ることはすごく大切です。

陸上でできないことは、基本水中でもできません。

 

しっかりと考えて体を動かしましょう!!(^^)!

 

この記事は、youtube内『TAKATNTAKA』様の貴重な動画を引用させて頂き、独自の解説しております。

 - キック